So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

DJEBEL250XC ヘッドライトバルブのLED化 [車・バイク]

ネットでバイク用のLEDバルブが格安で販売されているのを発見してしまい、衝動買いしてしまったので、交換することにしました。

2017_djebel_led_001.jpg
純正でついているハロゲンバルブ。十分明るく不満はないのですが。。

2017_djebel_led_003.jpg
購入したのはRTD 直流交流兼用バイクLEDヘッドライト。冷却ファンが電極側についているタイプです。

2017_djebel_led_004.jpg
DJEBELのライトを外すのは簡単で、2つのネジを外すだけでOK。

2017_djebel_led_006.jpg
今回初めて開いたのですが、バルブの後ろ側に防水キャップが付いていたんですね。
LEDバルブ側に冷却ファンが付いているタイプのものを購入すれば良かったかなと、少し後悔。

2017_djebel_led_007.jpg
まぁ、LEDバルブ自体、防水仕様だそうなので、ラバーキャップは装着せず、大事に保管することにしました。

2017_djebel_led_011.jpg
Low点灯時はこんな感じ。明るくて、背景が露出アンダーになってしまいました。

2017_djebel_led_012.jpg
Hiビーム時は、こんな感じ。
車高の低い車の後ろに着くと、嫌がられそうです。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

下総航空基地 開設58周年記念行事 [政治・経済・自衛隊]

2017_shimousa_001.jpg
下総航空基地 開設58周年記念行事に今年も足を運びました。

2017_shimousa_010.jpg
地元民はいつも見ているので、それほど珍しくもないP-3C。
滑走路西側の道路から離発着を見るのがお勧めです。

2017_shimousa_011.jpg
模擬演習後の記念撮影。

2017_shimousa_032.jpg
陸自のヘリ操縦席ですね。足元がスケルトンになっています。


2017_shimousa_037.jpg
今回は、かがのシールと下総基地のストラップを購入。

2017_shimousa_038.jpg
ストラップに裏側は滑走路の距離とR-3Cが刺繍されています。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソニカ ドライブシャフトブーツの交換 [車・バイク]

ソニカのドライブシャフトブーツのアウター側が切れており、これでは車検を通すことができないので、交換することにしました。


2017_sonica_09_02_007.jpg
必要な部品を注文。
アウター側が切れているということはインナー側が切れるのも時間の問題なので、合わせて注文。

2017_sonica_09_02_008.jpg
ついでにロアボールジョイントブーツも注文。タイロットエンドブーツ交換時に、こちらも交換すべきでした。

2017_sonica_09_02_009.jpg
アウター側は、PARAUTの分割方式を購入。

2017_sonica_09_02_010.jpg
接合部に接着剤を流し込み、加熱して接合する方式を採用しています。

2017_sonica_09_02_011.jpg
インナー側はスピージーの製品を選択。といいますか、スピージーの製品しかなかったので。
こちらははめ込み式で、接合部にバネが埋め込まれているそうで、バネの力で固着するようです。

2017_sonica_09_02_013.jpg
交換前のアウターブーツ。
切れて、内部のグリスが飛び出しています。


ということで、交換作業開始。
まずは、ロアボールジョイントブーツの交換から始めました。

2017_sonica_09_02_015.jpg
アストロプロダクトのタイロットエンドプーラーですが、ソニカの場合、工具の先端がドライブシャフトに干渉してしまい、ネジの端に引っかかるのがやっと。この状態で工具を使用すると、ネジの先端が変形し、ネジ山が潰れます。
ネジ山を潰してしまうと再生するのに苦労するので、緩めたナットをネジの先端と水平となるところまで持っていき、ナットに力が分散するようにしてプーラーを使うと、ネジを変形させずに外すことができます。


2017_sonica_09_02_022.jpg
新旧の比較です。交換して正解でした。

2017_sonica_09_02_026.jpg
インナー側のドライブシャフトブーツを外した状態です。
劣化したグリスが液体となって流れ落ちてきました。いやぁ~、切れてなくても10万キロで交換すべきですね!

2017_sonica_09_02_030.jpg
ドライブシャフトを抜き差しすると劣化したグリスが出てくるので、何回か繰り返しながら綺麗にふき取ります。

2017_sonica_09_02_031.jpg
新しいグリスを説明書通りに充填。

2017_sonica_09_02_032.jpg
ブーツの接合部にグリスが付かないようにカバーを取り付けて、ブーツの組み込みを行います。

2017_sonica_09_02_033.jpg
助手席側のブーツですが、手が入りづらく、取り付けるのに苦労しました。

2017_sonica_09_02_035.jpg
引き続きアウター側のドライブシャフトを交換。

作業時間は9時間ほど。無理な姿勢で作業をしたので、次の日は首が筋肉痛になりました。
ネットでは「簡単でした~」と書かれたものが多かったのですが、ねじ山潰れたり、劣化したグリスが頭に降り注いだり、スタビラーザーに力が加わっているのが影響して外れなかったりと、散々でした。
次回からは半分の時間でできると思いますけど、次の機会は数年後でしょうから忘れてます。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。