So-net無料ブログ作成
車・バイク ブログトップ
前の5件 | -

DJEBEL250XC ヘッドライトバルブのLED化 [車・バイク]

ネットでバイク用のLEDバルブが格安で販売されているのを発見してしまい、衝動買いしてしまったので、交換することにしました。

2017_djebel_led_001.jpg
純正でついているハロゲンバルブ。十分明るく不満はないのですが。。

2017_djebel_led_003.jpg
購入したのはRTD 直流交流兼用バイクLEDヘッドライト。冷却ファンが電極側についているタイプです。

2017_djebel_led_004.jpg
DJEBELのライトを外すのは簡単で、2つのネジを外すだけでOK。

2017_djebel_led_006.jpg
今回初めて開いたのですが、バルブの後ろ側に防水キャップが付いていたんですね。
LEDバルブ側に冷却ファンが付いているタイプのものを購入すれば良かったかなと、少し後悔。

2017_djebel_led_007.jpg
まぁ、LEDバルブ自体、防水仕様だそうなので、ラバーキャップは装着せず、大事に保管することにしました。

2017_djebel_led_011.jpg
Low点灯時はこんな感じ。明るくて、背景が露出アンダーになってしまいました。

2017_djebel_led_012.jpg
Hiビーム時は、こんな感じ。
車高の低い車の後ろに着くと、嫌がられそうです。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソニカ ドライブシャフトブーツの交換 [車・バイク]

ソニカのドライブシャフトブーツのアウター側が切れており、これでは車検を通すことができないので、交換することにしました。


2017_sonica_09_02_007.jpg
必要な部品を注文。
アウター側が切れているということはインナー側が切れるのも時間の問題なので、合わせて注文。

2017_sonica_09_02_008.jpg
ついでにロアボールジョイントブーツも注文。タイロットエンドブーツ交換時に、こちらも交換すべきでした。

2017_sonica_09_02_009.jpg
アウター側は、PARAUTの分割方式を購入。

2017_sonica_09_02_010.jpg
接合部に接着剤を流し込み、加熱して接合する方式を採用しています。

2017_sonica_09_02_011.jpg
インナー側はスピージーの製品を選択。といいますか、スピージーの製品しかなかったので。
こちらははめ込み式で、接合部にバネが埋め込まれているそうで、バネの力で固着するようです。

2017_sonica_09_02_013.jpg
交換前のアウターブーツ。
切れて、内部のグリスが飛び出しています。


ということで、交換作業開始。
まずは、ロアボールジョイントブーツの交換から始めました。

2017_sonica_09_02_015.jpg
アストロプロダクトのタイロットエンドプーラーですが、ソニカの場合、工具の先端がドライブシャフトに干渉してしまい、ネジの端に引っかかるのがやっと。この状態で工具を使用すると、ネジの先端が変形し、ネジ山が潰れます。
ネジ山を潰してしまうと再生するのに苦労するので、緩めたナットをネジの先端と水平となるところまで持っていき、ナットに力が分散するようにしてプーラーを使うと、ネジを変形させずに外すことができます。


2017_sonica_09_02_022.jpg
新旧の比較です。交換して正解でした。

2017_sonica_09_02_026.jpg
インナー側のドライブシャフトブーツを外した状態です。
劣化したグリスが液体となって流れ落ちてきました。いやぁ~、切れてなくても10万キロで交換すべきですね!

2017_sonica_09_02_030.jpg
ドライブシャフトを抜き差しすると劣化したグリスが出てくるので、何回か繰り返しながら綺麗にふき取ります。

2017_sonica_09_02_031.jpg
新しいグリスを説明書通りに充填。

2017_sonica_09_02_032.jpg
ブーツの接合部にグリスが付かないようにカバーを取り付けて、ブーツの組み込みを行います。

2017_sonica_09_02_033.jpg
助手席側のブーツですが、手が入りづらく、取り付けるのに苦労しました。

2017_sonica_09_02_035.jpg
引き続きアウター側のドライブシャフトを交換。

作業時間は9時間ほど。無理な姿勢で作業をしたので、次の日は首が筋肉痛になりました。
ネットでは「簡単でした~」と書かれたものが多かったのですが、ねじ山潰れたり、劣化したグリスが頭に降り注いだり、スタビラーザーに力が加わっているのが影響して外れなかったりと、散々でした。
次回からは半分の時間でできると思いますけど、次の機会は数年後でしょうから忘れてます。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソニカ タイロッドエンドブーツの交換 [車・バイク]

2017_sonica_09_01_001.jpg
車検を前に、亀裂の入っているタイロットエンドブーツの交換を行いました。


作業を始める前に、道具の準備。
・タイロットエンドブーツ
・グリス
・タイロットエンドプーラー
・ブーツを押し込むための円筒形の何か
・プライヤー
・ペンチ
・レンチ(プーラーとロットエンドの下側のナット用)


2017_sonica_09_01_002.jpg
下側のナットを外し、タイロットエンドプーラーを差し込み、ボルトを回してタイロットエンドを押し出します。


2017_sonica_09_01_003.jpg
シャンパンの栓抜くときのような、大きな音とともに勢いよく外れます。


2017_sonica_09_01_005.jpg
古いタイロットエンドブーツをはぎとります。

2017_sonica_09_01_006.jpg
グリスを補充し、新しいタイロットエンドブーツを差し込むのですが、手で押し込んでも入りません。
ここで登場するのが、彫金の鋳造で使用しているステンレスリング。サイズがピッタリでした。

2017_sonica_09_01_007.jpg
ステンレスリングを上から被せて、プラーヤーを使って押し込むと、簡単にはまります。

2017_sonica_09_01_008.jpg
あとは元のように差し込んで適正なトルク(外した時の力+α)で締め付けて作業終了となります。
作業自体は簡単ですが、古いタイロットエンドのゴム部分を外すのには苦労するので要注意です。

これで車検を通すことができると思ったのですが、ドライブシャフトブーツが切れていたので、来週以降はこちらの交換作業となりそうです。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DJEBEL250XCのキャブレターオーバーホール [車・バイク]

購入して15年経つDJEBELですが、スロットルを開けるとエンストを起こすようになったので、オーバーホールを実施しました。


2017_bike_maintenance_002.jpg
ガソリンが何処で詰まっているのかをガソリンタンクから辿っていき、キャブレターまでは問題ないことを確認。
ということで、キャブのオーバーホールを行いました。

2017_bike_maintenance_019.jpg
キャブレターだけを外せば良かったのですが、ついでに15年の汚れを落とそうと、エンジン以外をすべて外して洗浄することにしました。

2017_bike_maintenance_015.jpg
外したキャブレターを分解してみると、早速、不具合を発見。
本来ならば、加速ポンプのプランジャがスプリングに押されて飛び出てくるところですが、堆積物が挟まり固着していました。

2017_bike_maintenance_016.jpg
こんな感じで、プランジャがバネに押し出される仕組みとなっています。


2017_bike_maintenance_017.jpg
キャブの底には砂のような何かが溜まっており、なるほどガソリンも詰まるわけだと納得。
分解できるものはすべて外し、キャブクリーナーを吹きかけると、ぼろ雑巾が真っ黒になるほど汚れが落ちました。
ガソリンの通り道となる穴という穴にパーツクリーナーを吹き込み、導通確認を行い、全体の汚れをふき取って乾燥。

2017_bike_maintenance_021.jpg
キャブレターを乾かしていいる間に本体の洗浄。
電装系やエンジンのインテークの穴などをビニールで防水し、カークリーナーの水溶液でブラッシング。

2017_bike_maintenance_022.jpg
エアクリーナーも触るだけでボロボロ崩れるほど劣化していたので、交換。

2017_bike_maintenance_023.jpg
湿式のエアクリーナーなので、エンジンオイルをまんべんなく刷り込みます。

2017_bike_maintenance_025.jpg
バッテリーも新品に乗せ換えて、すべてのパーツを組み上げて作業終了。
スターターで一発起動し、スロットルを開いてもエンストすること無く、スムーズに吹き上がるようになりました。

5年に1回は、キャブのオーバーホールをすると良いようですね。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソニカ損傷 [車・バイク]

2016_sonica_clash_001.jpg
停車中にバイクが突っ込んできて、右後方側面が破損しました。

大したことがないようにも見えますけど、ドア全損、タイヤ上部のBodyが大きくへこみ板金、サイドアンダーカバーも擦っていて全損、その下のフレームも歪んだため板金、その他バンパー損傷やホイールやフレームの再塗装など、材料費だけで15万。
今回は大規模な板金作業も含まれるので、工賃が高額となり、トータルで32万となりました。
加害側は5~10万で収まると想像していたようで、請求額を聞かされ、驚かれて私に電話連絡をいれてきたのですが、見積もったのは業者ですし、保険会社を代理に立てているので、私に言われても仕方がないんですよね。。

気持ちはわかりますよ。
私ですら、こんな高額なら、少し足して状態の良い中古車に乗り換えようかと頭によぎったくらいですから。
車の修理って、経験のない方は驚かれると思いますが、ちょっとした修理でも高額になるんですよね。
特に事故処理の見積もりは相手側から加減なしの部品全損で出されることが多いので、なおさらです。

ただ言えるのは、原付でも任意保険で対物(できれば無制限)に入るべき、ということ。
世の中、絶対は無いので、万が一に備えるべきだなと、再認識した出来事でした。


nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 車・バイク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。