So-net無料ブログ作成
クラフト ブログトップ
前の5件 | -

燻し加工 [クラフト]

キャスト後の研磨が終了したので、燻しによる着色と石の固定を行って完成となります。


写真の再現性が悪くて、色味を帯びて写っていますけど、実際は青味がかった黒です。

2017_08_13_cast_007.jpg


撮影ボックスを導入するなどして、見た目通りの色が出るように工夫する必要がありそうです。

2017_08_13_cast_012.jpg

2017_08_13_cast_022.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

石膏型の作成テスト [クラフト]

2017_06_cast_001.jpg
石膏型を作成する前に、複製用のワックス原型の作成テスト。

2017_06_cast_002.jpg
ゴム型ごとに、設定気圧と射出時間が異なるので、最適な設定を導きだすまで何回もテストを繰り返します。

2017_06_cast_003.jpg
成功したワックス原型をルーペで確認すると、使えるのは1/3で、1/3は要修正、残りは廃棄と、歩留まり率が低すぎます。

まぁ、ここまでは、今回のテスト対象とは関係ない事でして、ここからが鋳造用バイブレータを使っての、製作効率向上の有無確認となります。


2017_06_cast_004.jpg
同時に製作できるステンリングを、最大数である4つ準備。

2017_06_cast_005.jpg
石膏流し込み時は、バイブレータの上には、動かないように円盤の上に乗せることにしました。
ここら辺は、検討の余地がありそうです。

2017_06_cast_006.jpg
石膏の流し込み作業が始まると道具を探し回る時間など無いので、作業を始める前に必要なものをすべてそろえておきます。

2017_06_cast_007.jpg
ステンリング4つ分の石膏に水を加えて攪拌後、バイブレータで振動を与えながら1次脱泡。
ここで、泡が出なくなるまで十分に脱泡します。

2017_06_cast_008.jpg
続いて、ステンリングをバイブレータの上に乗せ、振動を与えながら石膏を流し込み2時脱泡。
泡が出なくなったら終了となります。

2017_06_cast_009.jpg
バイブレータの使い勝手は悪くないですね。想像以上に便利です。
一度に4つのステンリングを作成することができ、作業の効率化を図ることができました。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鋳造用バイブレーターの製作 [クラフト]

2017_cast_05_14_005.jpg
鋳造時の石膏流し込み時の脱泡作業では、振動を与えて気泡を外に出すのですが、写真のようなマッサージ器を使っての脱泡は効率が悪いので、脱泡用バイブレータを導入することにしました。

2017_cast_06_04_001.jpg
鋳造用バイブレータですが、購入すると2万円ほどするので、いつものように自作。

材料は以下の通り。

・塩ビ版(3mm厚)
・塩ビ接着剤
・スプリング
・ボルト/ナット/ワッシャー
・モーター(300円のマッサージ器を分解)
・AC/DC変換(壊れたルーターの電源を流用)
・ゴム(2mm厚)
・真空用容器(直径12cmのケース)
・ポンプ接続用金具

材料費は2000円ほどでしょうか。


2017_cast_06_04_002.jpg
塩ビ版を2枚切り抜き、穴をあけてスプリングを通したボルトで塩ビ版を挟み込む、そんな感じの構成。
右に写っている円形の容器が、真空時の上からかぶせる容器。これに穴を開けて、ポンプにつなぎます。
その隣に写っているのが、マッサージ器。実売価格は300円ほどでしょうか。
この中のモーターだけを取り出して流用します。

2017_cast_06_04_003.jpg
マッサージ器から取り出したモーターを、スプリングで固定された塩ビ版の裏側に取り付けます。

2017_cast_06_04_004.jpg
塩ビ板の表側(上面)には、ゴム版を張ります。バイブレータ自体はこれで完成(笑)。

2017_cast_06_04_005.jpg
このサイズだと、小サイズのステンリングを4本入れることができます。

2017_cast_06_04_006.jpg
真空状態をチェック。
バイブレータが持ち上がりました。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リングの七宝着色 [クラフト]

2017_cast_05_20_009.jpg
バレル研磨を施した状態では完成からほど遠いので、通常でしたらヤスリやバフを使って磨くのですが、今回は七宝を施すので、軽く磨きをかけて、最終研磨は七宝を施した後になります。


2017_cast_05_25_001.jpg
今回使う七宝は、透明釉薬の青、緑と透明。

2017_cast_05_25_002.jpg
釉薬をのせて、電気炉で飴色になるまで溶かします。

2017_cast_05_26_001.jpg
出来上がったのが、これです。


これじゃない感が半端ないです。
せっかくの奥行が無くなってしまいました。
釉薬を厚く盛りすぎたのが原因ですね。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スパリゾートハワイアンアズの新アトラクション [クラフト]

2017_hawaiians_slider_007.jpg
2017年7月に、新アトラクションのウォータースライダーがOpenするそうで、そのための工事が急ピッチで行われていました。

2017_hawaiians_slider_002.jpg
入り口はスプリングパークの横あたりに開設されるようです。

2017_hawaiians_slider_001.jpg
スライダー専用の建物にしては、大きいですね。


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - クラフト ブログトップ