So-net無料ブログ作成
カメラ ブログトップ
前の5件 | -

Canon EFM 11-22mm f4.5-5.6 IS STM [カメラ]

2017_11-18_001.jpg
久しぶりに、レンズを購入。
今回購入したのは、Canon EFM 11-22mm f4.5-5.6 IS STM。
EOS-M用のレンズを多く持っているので、M用のレンズでの広角領域用として購入しました。

2017_11-18_002.jpg
EOS-M3以降に買い換えたいんですけど、どうしても必要というわけではないので、Bodyの買い替えはしばらく先になりそうです。


2017_11-18_003.jpg
試しに成田山の狛犬を撮影。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Canon iVIS s11故障 [カメラ]

5年ほど使っていたCanon iVIS s11が起動しなくなりました。

2017_iVISs11_001.jpg
症状としては電源を入れると、レンズカバーが開いたままカチカチ音がなり続け、操作不能に陥ります。
2017_iVISs11_002.jpg
たぶん、初期化時に物理的に特異点のようなものに陥り、初期化終了しなくなっているんでしょうね。

2017_iVISs11_003.jpg
内臓メモリに保存していた場合は、液晶下の右端にある再生ボタンを押したまま電源を投入すると、再生モードに入り、録画していた画像を救出することができます。(私の場合はですけど)

あとは、
再生ボタン押下したまま電源投入→録画切り替えボタン押下→カチカチ音→電源OFF→
これを繰り返すと、復活することがあります。


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Canon Lens 50mm f1.5 のカビ除去 [カメラ]

2015__c_50_f15_001.jpg
Canonのレンジファインダー機の交換レンズである50mm f1.5レンズにカビが発生してしまったので、分解清掃することにしました。

2015__c_50_f15_002.jpg
慎重にレンズを外し、目的とするレンズを目指します。

2015__c_50_f15_003.jpg
昔のレンズは現在のプラスチックを多用したものと違い、すべて真鍮削り出しであるため、小さいながらもズッシリとしています。

2015__c_50_f15_005.jpg
カビの生えているレンズに到着。レンズクリーナーで除去できれば良いんですけど、コーティングにまで侵食していれば終了となります。

2015__c_50_f15_006.jpg
レンズクリーナーで除去した結果、カビと一緒にコーティングも剥がれてしまいました。

2015__c_50_f15_008.jpg
レンズにむらがある状態では何なんで、研磨剤を使ってコーティングを剥がすことにしました。
使用した研磨剤は「ヤナセ 研磨剤 ガラセリウム」。ガラス専用の研磨剤で、間違ってもピカールなどの金属用研磨剤を使ってはダメです。

2015__c_50_f15_009.jpg
コーティングも綺麗に剥がれムラが無くなりました。
逆光などには弱くなるでしょうけど、味のある写真が撮れるのではないかと思われます。


nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PowerShot G7 X [カメラ]

PSG7X_001.jpg
ビデオとカメラ一式を持ち歩くのがしんどいので、携帯性が良く、かつビデオとしても使えるPowerShot G7 Xを購入しました。
動画はフルサイズHDの60Pに対応。広角22mmの動画を撮影でき、手振れも少なく画質も良いので、iVISs11の代わりとして使えそうです。
動画編集の際は付属のImageBrowserを使いますが、はっきり言ってオマケ程度で、使い勝手は悪いです。編集後のファイルサイズは15分以上となる場合は編集できず、編集処理時間も長いので、何かしらの編集ソフトが別途必要となりそうです。

PSG7X_004.jpg
電源を入れると、このくらい銅鏡が伸びます。背面の液晶は上にのみ跳ね上がるバリアングル。
携帯性は良いのはのですが、外部マイクやレリーズ等の拡張アクセサリが使えないので、そういったものを使いたい場合は、G3がお勧めです。

PSG7X_006.jpg
右側に露出補正ダイアルが付いているので、撮影しながらの補正が楽ですね。
操作性とホールド感は悪くないです。

PSG7X_007.jpg
レンズですが、内部にゴミが入りこみ易い構造なのでしょうか。5年前に購入したG12では、未だにレンズ内にゴミが入り込んでいないのに、G7は購入1ヶ月目にして目立つゴミが複数個付着してしまいました。管理上の問題だとは思いますが、カメラの管理には最新の注意を要する機種かも知れませんね。

PSG7X_009.jpg
ケースにはハクバのカメラポーチ「SPG-TPCPM-OVD」を購入。
少し大きめですが、サイズ調整用のスペーサーが付いているので、カメラが動き回ることはありません。

PSG7X_010.jpg
ポケットが複数付いており、バッテリーとメモリーカードを収納できるので、使い勝手が良いですね。
充電器も格納できるので、持ち歩き以外にも、そのままカメラ収納ケースとして使うことも出来ます。

とりあえず、今年の登山は荷物が軽くなりそうです。


nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EF-S 17-85mm オーバーホール第2回 [カメラ]

オーバーホールを実施したEF-S157-85mmですが、エラー01 が出るようになったので、再度分解することにしました。

2014_17-85_2__001.jpg
前回の分解で構造は覚えたので、ここまで要した時間は10分。

2014_17-85_2__004.jpg
EOS 40D装着時に絞りボタンで反応しなかったので絞りユニットまで分解を進めると、ご覧の通りフレキが断線していました。

2014_17-85_2__005.jpg
どうも構造上の問題のようで、この場所に大きな負荷がかかるようです。

2014_17-85_2__007.jpg
こちらはついでに取り出したISユニット。
真ん中のレンズに小さなホコリが付着していたので、ついでに分解清掃。

2014_17-85_2__013.jpg
絞りユニットの交換パーツがないと修理を進めることが出来ないので、しばらくは分解した状態で保存することとなります。さて、問題はどこから絞りユニットを調達するかですが、海外サイトからの購入にチャレンジするしか方法はなさそうです。


nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - カメラ ブログトップ