So-net無料ブログ作成
ツーリング(北海道) ブログトップ
前の5件 | -

北菓楼砂川本店 [ツーリング(北海道)]

2016_jr_kitakaro_003.jpg
帯広の六花亭本店は遠いので、比較的札幌から近い北菓楼の砂川本店に立ち寄りました。
店舗はとても綺麗で清潔感があり、併設されたカフェで休憩もできます。

2016_jr_kitakaro_005.jpg
ケーキセットを注文したのですが、コーヒー付きで600円弱と、驚きの低価格。
我が家に近所にも進出してもらいたいですね。

2016_jr_kitakaro_008.jpg
試作品のシュークリームもいただきました。



nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

銀泉台 [ツーリング(北海道)]

2016_ginsenn_039.jpg
大雪山の東側、赤岳への登山口となっている銀泉台は、紅葉の名所として知られています。

2016_ginsenn_009.jpg
例年、紅葉のピークとなる9月の中旬から10月にかけては交通規制となり、銀泉台へはシャトルバスでしか行けませんが、それ以外でしたら、マイカーで乗り付けることができます。

2016_ginsenn_014.jpg
駐車場から30分ほど林道を登ると、赤岳登山口の看板が現れます。
ここからが登山道となっており、紅葉の見晴らし台までは、ここからさらに30分ほど登ることになります。

2016_ginsenn_031.jpg
この日は生憎の天気でしたが、天気が良ければ眼下に紅葉の原生林を見渡すことができます。

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

esperio [ツーリング(北海道)]

2016_esperio_007.jpg
上野ファームの近くの食事処として立ち寄ったのが、洋食専門店エスペリオ。

2016_esperio_002.jpg
北海道ではセイコマートの豚串を主食としていますが、たまにはこのように、こ洒落たお店で食事をとるのも悪くないです。

2016_esperio_001.jpg
ピザも注文。美味しいかったです。


 


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上野ファーム [ツーリング(北海道)]

旭川のはずれにある、観光庭園としてしられる上野ファームに立ち寄りました。

2016_ueno_003.jpg
開園期間は4月下旬から10月中旬まで。冬季は庭園内の射的山で雪遊びができるそうです。

2016_ueno_016.jpg
周囲は見渡す限り水田となっており、その中に西洋風の庭園が広がってるのは不思議な感じですが、気候的には草花には最適だそうです。

2016_ueno_018.jpg
射的山頂上のお地蔵さまみたいな何か。
射的山と呼ばれているのは、その名のとおり、屯田兵の射撃場として使われていたのが名前の由来らしいです。

2016_ueno_020.jpg
射的山からは、周りの景色が見渡すことができます。

2016_ueno_040.jpg
射的山の斜面側は白樺並木となっており、職員の方が、次のシーズンへの準備なのか、白樺の根元に何かの球根を植えていました。

2016_ueno_052.jpg
犬神家の一族ですね。それにしか見えない。スケキヨがさかさまになってるネタを知ってる人なんて、少ないでしょうね。

2016_ueno_053.jpg
スケキヨの周りは、綺麗な草花が咲き乱れていました。

2016_ueno_056.jpg
英国庭園風のしゃれた庭園。
ところどころにベンチが設置されています。

2016_ueno_058.jpg
敷地内には売店やカフェテラスなどもあります。

2016_ueno_059.jpg
旭川動物園の近くのあるので、合わせて立ち寄るのも良いですね。


 


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アイスパビリオン [ツーリング(北海道)]

旭川から東へ50分、川上町の駅から1㎞にあるアイスパビリオンに立ち寄りました。

館内に入る前に係員の人から簡単な説明を受け、配布された塗り絵用紙に消えるボールペンの好きな色で着色し、絵の半分を擦って消すように催促されます。消えるボールペンの原理を知らない子供は、館内に入って驚くんでしょうね。
2016_ice_pavilion__008.jpg
館内は‐20度に保たれてるため、入り口で防寒着が貸し出されます。

2016_ice_pavilion__009.jpg
近未来的な雰囲気の入り口です。開館10年以上経ってますが、古さを感じませんね。

2016_ice_pavilion__011.jpg
極低温の室内に入ると、全面つららの部屋が現れます。
開館来、成長させ続けているそうで、年を追うごとに大きくなっているそうです。

2016_ice_pavilion__017.jpg
内部にはいろいろな展示物がが配置されており、長時間居ると芯まで冷えるので、暖房のついた部屋も用意されています。

2016_ice_pavilion__018.jpg
氷の王様の家だそうです。部屋の奥には王様らしきものが鎮座しています。

2016_ice_pavilion__020.jpg
氷でできたスクリーンにはアナ雪が投影されていましたが、画像がぼけていました。

 

2016_ice_pavilion__023.jpg
-40度の世界を体験できるボタン。

2016_ice_pavilion__024.jpg
ボタンを押すと、天井から強烈な冷気が吹き付けます。

2016_ice_pavilion__028.jpg
濡れたタオルが固まっています。

2016_ice_pavilion__029.jpg
ダイヤモンドダストの観察コーナー。
真冬の北海移動に来なくても、見ることができます。

2016_ice_pavilion__034.jpg
凍ったバナナで釘を打つ体験コーナー。
このTVコマーシャルを覚えている人は、私と同じ世代ですね。

2016_ice_pavilion__035.jpg
濡れた洋服を凍らせて作った、人形みたいな何か。
極低温なので、瞬間で凍るようです。

2016_ice_pavilion__040.jpg
思ってた以上に楽しめる施設でした。


 


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - ツーリング(北海道) ブログトップ